ベンゴマン

こんにちは、事務員Tです。
今朝、事務所の私の机の上に1冊の本が置かれていました。「今日のブログに感想などをよろしく」。佃弁護士からのメッセージとともに。

0993_001

0993_002

どうやら週末に佃弁護士がパネリストとして参加された集会で購入したらしく・・・・結論から言うと、『まずは読んでみて、素人目線で感想をわかりやすくみなさんに紹介してみよう!』という私に与えられたミッションです。そんな訳で、徒然なるままに感想をお伝えしたいと思います。

0990_001

0990_002

まず、弁護士・裁判官・検察官の法律家になるためには司法試験に合格した後「司法修習」という研修を受ける必要があります。その司法修習は1年間、フルタイムで行われています。その研修を受ける司法修習生に対しては、生活費としてこれまで給料が支払われていました。
ところが、2011年からは「無給」となり、司法修習生は1年間国から借金をして生活をしなくてはならなくなりました。その額なんと300万円!普通、会社員の人はもちろん、学生のアルバイトだって研修医だって、研修期間中でもお給料ってもらえますよね?それがなくなってしまったんです。しかもアルバイトは原則禁止!!まったくひどいはなしです。難関試験を突破するために多くの時間とお金を費やしたにもかかわらず、さらに修習中も事実上借金を強制されるという時間的・経済的な負担の重さ。これに加えて弁護士の就職難。その結果、法曹志望者は激減してしまったそうです。この本は現在の司法修習制度の実情が、マンガを織り交ぜながら分かりやすく描かれています。

「法律家の質を確保するための司法修習制度なのに、その間無給というのはおかしい」主人公の唯ちゃんの台詞です。
このように、経済的な理由から選択肢を狭められ、法曹としての道を諦めざるを得ないような人々がいるという現実。このブログを読んでいただいている方々にも、是非この問題を知ってもらいたいと思いました。

ビギナーズ・ネット(司法修習生に対する給費制の復活を求める大学生、ロースクール生・修了生、司法修習生、若手法律家のネットワーク)の活動についてもご紹介いたしますので、是非一度ご覧ください。

 

「あなたの不安を安心に」

はつかいち法律事務所
広島県廿日市市串戸5丁目4-5 松村ビル203号
電話 0829-34-2666

依頼者Kさんより

先日またまたメッセージカードをいただきました🎵
Kさん、こちらこそいつもありがとうございます。

佃弁護士宛
0973_001

事務員T宛
0975_001

はつかいち法律事務所一同、これからも依頼者の方々のために頑張ります!!

 

「あなたの不安を安心に」

はつかいち法律事務所
広島県廿日市市串戸5丁目4-5 松村ビル203号
電話 0829-34-2666

赤ヘル

こんにちは。事務員Tです。
週明けからの変わりやすい天候とアテにならない天気予報に振り回され、気づけばもう金曜日です。

51damtaug6l

さて、広島カープのリーグ優勝から1週間が経とうとしていますが、広島の街は未だ興奮冷めやらぬ状態で、どこもかしこも真っ赤です。そんななか、昨夜やっと読み終えた「赤ヘル1975」。カープ初優勝の年が舞台となっています。冒頭からあの時代の空気感が色濃く描かれていて、何とも言えないノスタルジーを感じました。やっぱり赤ヘルと原爆、そしてお好み焼きは広島県人を魂を構成する3大要素なんだなと思いました。

もちろん大のカープファンのはつかいち法律事務所の両弁護士もおかげさまで毎日大忙しです。相談日の設定が難しくなりつつありますが、ご連絡いただいた方へのご相談(電話、メール相談以外)は100%受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

 

「あなたの不安を安心に」

はつかいち法律事務所
広島県廿日市市串戸5丁目4-5 松村ビル203号
電話 0829-34-2666

依頼者の方より

こんにちは。はつかいち法律事務所です。
長かった夏休みも終わり、9月に突入しました。まだまだ残暑厳しいなか、依頼者の方より嬉しいプレゼントが届きました。

0892_001

0892_002

依頼者の方のやさしい気持ちが詰まった素敵なイラストとメッセージです。

依頼者の方の不安が安心に変わる、それが佃・行友両弁護士が一番報われる瞬間です。その瞬間を糧に、誠意ある対応を心掛けてまいりますので今後とも、はつかいち法律事務所をよろしくお願いいたします。

 

「あなたの不安を安心に」

はつかいち法律事務所
広島県廿日市市串戸5丁目4-5 松村ビル203号
電話 0829-34-2666