弁護士紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士 佃 祐世(つくだ さちよ)

DSC_1868-300x170

 

広島弁護士会所属の弁護士、4人の子の母でもある。

 生存権擁護委員会や被害者支援に関する委員会などの委員会活動にも積極的に取り組んでいる。 取り扱い分野については、離婚や相続の問題、債務の問題、交通事故などの損害賠償問題といった身近な問題から、自死遺族の方を取り巻く問題(賃貸借、相続、労働、生命保険、債務など多岐にわたる問題)や被害者の方に対する支援(性被害やDV、その他刑事事件の被害者に対する法的な支援)まで、幅広く取り扱っている。自死遺族の問題は、当事者でもあるので、当事者目線で事件に取り組む。 また、廿日市市において、固定資産評価審査委員会委員として固定資産の評価に係る審査を行っている。


私からのメッセージ

 みなさま、初めまして。弁護士の佃祐世(つくだ さちよ)と申します。 私のモットーは、「よく話を聴くこと」です。 よく話を聴かないと、みなさまに、適切なアドバイスを行うなどの法的なサービスを提供することができないからです。みなさまの事情は、ひとりひとり異なりますし、思いや考え方もそれぞれ異なります。 私は、ひとりひとりに真摯に向き合い、それぞれの思いや考え方に合わせて、法的なアドバイスを行ったり、法的な手続きをとりたいと思っています。 また、私は、弁護士として、自死予防や自死遺族支援にも精力的に取り組み、全国各地で講演活動も行っております。この私の活動は、夫を自死で亡くし、夫の遺志を継いで弁護士になった私の使命であると思っています。 不安や悩みを抱える方々の力になりたい、その一心です。 できるだけ早く、弁護士に相談していただきたいと心から願っております。 どうかお気軽にご相談ください。


弁護士 行友 道彦(ゆきとも みちひこ)

IMG_20160323_110856

紛争を未然に防止することを目指すとともに,紛争が生じている場合においては紛争解決のための最適な方策をご依頼者様と共に考えます。

 広島市立五日市中学校,広島県立五日市高等学校,立命館大学法学部,広島大学法科大学院を経て司法試験合格,平成26年弁護士登録。 弁護士登録後,主に交通事故の損害賠償請求,債務整理,相続の問題及び刑事事件の弁護活動に取り組む。 法科大学院において,労働法及び会社法の学習に精力的に取り組んできたこともあり,今後は労働問題,企業法務により一層力を入れていきたいと考えている。 特に,労働問題については,望ましい労使関係のあり方について追究している。 広島弁護士会労働法制委員会及び広島弁護士会館運営プロジェクトチームに所属し,両会務において幹事を務める等,弁護士会の会務にも力を入れている。


私からのメッセージ

 弁護士の行友道彦(ゆきとも みちひこ)と申します。 弁護士に相談をするというのは、一般の方にとっては、なかなか決心のいることだと思います。 しかし、私たちは、相談をしていただくことによってはじめて不安や心配の解消のためにお力になることが可能となります。 相談をされるだけでも、気持ちが幾分か落ち着かれることもあると思います。 どうかお気軽にご相談においでください。